スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人が蓄膿症にかかってしまい…

友人が、今蓄膿症にかかっています。
だから、毎日のように一緒に学校にいますが、かなりつらそうです。
私は体が健康だから、体の中にどこかおかしな部分は全くないのです。
友人が毎日つらい蓄膿症に悩んでいるから、それを見たら、かわいそうだなと思ってしまいます。
やはり、元気で生きていくなら、健康というものは本当に重要なものですね。
今まででは、自分の健康がいかに重要かなんて、考えてもみなかったです。
けれども、友人が蓄膿症にかかってしまい、毎日つらい生活をしていますから、その分、自分の健康がいかに大事なのかも毎日考えています。

あなたももしも自分が何も病気にかかっていなかったら、健康がいかに重要なものなのかも考えないままに、毎日の生活を送っているかもしれません。
けれども、もしも蓄膿症とかそのほかの病気にかかった時には、今は感じていないけれども、健康の重要性に気がついていくようになるのでしょう。
病気にかかってみなかったら、分からないことです。
スポンサーサイト

目の疲れを感じるまでの時間

目の疲れを感じるまでの時間は、年齢や疲労の度合いによって異なり、一番疲れを感じやすい時間帯は午後三時、四時、五時です。

始業時刻はバラバラでしょうから、仕事を始めておよそ五時間後なのでしょう。

疲れを感じやすい人は二時間から三時間で目の疲れを感じ取っています。
年代別に見ると、二十代、三十代の人が五時間、四十代以上の人が三時間ほどで目の疲れを感じています。

年齢を重ねるごとに目の衰えが出ているようです。
特徴として目の疲れを感じた午後三時から深夜の就寝時間帯まで疲れが持続しています。

目を酷使するのは仕事中だけでなく、プライベートでパソコンを見たり、携帯電話をチェックしたり、本を読んだりしているためでしょう。

そして朝起きた時には大部分の人が目の疲れを感じておらず、睡眠によって目の疲れが癒されていることが分かります。

ただ中には睡眠によって目の疲れがとれていない人もいて、目の疲れが現代病として定着しつつある事実がうかがい知れます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。