スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ頑張るぞ!トマトサプリ!

最近は、自分が年をとったためなのかもしれないのですが、身体が疲れてしまって困っています。
まったく…
まだまだ、若いなと思っていたのに、身体は正直なのでしょうか?
まだ、38歳なのに、毎日体がだるくて、
「疲れた…。」
とか、思ってしまいます。

休日になったら、何もできなくて1日中寝ています。
まったく、自分でもなんだ?
と、思うのですね…

でも、まだまだ38歳です。
このままだったら、まずいよね…
もうすでに、自堕落なおばさん状態になっています…

虚しい人生は絶対に困ってしまい、いやなものですから、私は何か体が喜ぶようないいものを始めていくことにしたのです…
それが、トマトサプリです。

トマトは体にはすごくいいらしいことは知っていましたが、毎日食べられないでしょう。
だから、トマトサプリを飲んで、身体のことも気にしながら疲れをとっていきたいのです。

38歳からおばさん状態だったら、私の人生、ジ・エンドという感じで悲しくなってしまいます‥‥。
まだまだ、頑張っていきたいものですから、トマトサプリを飲んでいきますね・・

スポンサーサイト

今以上にきれいになりたいから…リコピン

私は、今以上にきれいになっていきたい!
毎日のように一生懸命になって、お肌のお手入れを行っています。
けれども、思うようには美しいお肌にはならないものですね。
あなたは、自分のお肌がきれいになっていますか?
思うようには、きれいになってくれないから困ってしまいますね…
そこで、私が聞きましたのは、いくら一生懸命になって化粧品できれいにしようと思っても、確かな効果が出にくいということでした。
外側からのお手入れには、限界があるということですね。
では…
どのようにしたらいいのでしょうか?

そんなときに私が聞いたのは、リコピンというものをもっと取ったら、お肌がきれいになってくれるということでしたね。
これは、いいことを聞きました。
もう一生懸命になって、お肌のお手入れを行っても確かな効果がないですから、そろそろ今までにはなかったようなことを始めていかなくてはならないな…
と思っていたのです。

リコピンか…
なんだか、かなりの効果がありそうな感じがしませんか?
私も、これからはリコピンを毎日取っていこうと考えています。

カシスのアントシアニンが話題に

カシスのアントシアニンが話題になったのは、カシスに特有の効果について評価されたためのことです。
アントシアニンを含んでいる植物として有名なものはブルーベリー、野生種であるビルベリー、赤ワインに使われているブドウなどです。

カシスは寒冷地に生息している果樹であり、その酸味と香りが特徴となっています。
果実酒やカクテルに使われていることでもおなじみです。

生のカシスですと0.2パーセントほどアントシアニンが含まれていて、アントシアニンの効果を高めるミネラル成分も含まれています。
カシスに含まれるミネラル成分としてはβ-カロチン、ビタミンC、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛といったものが挙げられます。

強い酸味からわかるように、カシスのアントシアニンには強い抗酸化作用があります。
眼精疲労や近視を予防、改善したり暗い場所でものを見えやすくするといった効果があります。

さらに血流を改善する効果もあり、目のくまを解消するということがわかっています。
目を酷使している方はくまにも悩まされがちであることから、アントシアニンのはたらきが話題になるようになりました。

そのほか肩こり、冷え性の改善といったことにも役立ちます。

ルテインは目のビタミン

老化予防物質のビタミンCやEよりも高い抗酸化作用を持つとして今注目されているのが「ルテイン」という栄養成分です。

ルテインはβ-カロテンと同じカロテノイドの一種で、目の健康を守ることから別名「目のビタミン」とも呼ばれています。

カロテノイドとは動植物に存在する脂肪性の色素のことです。

ルテインはほうれん草に多く含まれています。

ルテインはパソコンのディスプレイや紫外線に含まれる有害な青色光から目を守ります。

そのため老化による目の疾患を予防する栄養成分として、同じく目の健康を保つブルーベリーのサプリメントに配合されていますね。

ルテインは人の体内の目の網膜の黄斑にのみ存在し、老化や紫外線などによる黄斑の減少を防ぎます。

黄斑が老化や紫外線などによりダメージを受けると、黄斑変性を起し、物が歪んで見えるようになり、最悪の場合失明してしまいます。

ルテインを摂って老後も健康に生きたいですね。

ペプチドのメリット

身体に必要な3大栄養素はたんぱく質、脂質、炭水化物です。このうちたんぱく質は、筋肉や血液を作るのに欠かすことができません。

たんぱく質は身体に吸収するとき、胃や腸で分解されアミノ酸として吸収されます。

ペプチドはたんぱく質をアミノ酸に分解する途中の物質です。

たんぱく質よりコンパクトで、アミノ酸より多彩な栄養素を持つものがペプチドです。

ペプチドはアミノ酸より大きいですが、複数のアミノ酸が繋がった状態で、腸内で吸収するとき、アミノ酸と同様に吸収することがでいます。

ペプチドはアミノ酸より大きいのにアミノ酸と同様に吸収できる、このため一度に多くのアミノ酸をペプチドとして吸収できるので、ペプチドは素早く吸収できることがメリットです。

このメリットのお陰で、吸収に必要なエネルギーを他にまわせるので疲労回復効果が高く、スポーツの後にペプチドを摂取すると素早く疲労を回復することが出来ます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。